使途限定がないので使い勝手がいい

借入れは大別して、目的別ローンとフリーローンに分類できます。
目的別ローンとは特定の目的を持って利用する融資で、例えば住宅ローン、カーローン、ビジネスローン、ウェディングローンなどがそれに当たります。
例えば、住宅ローンなら住宅の購入資金、改築資金、増築資金などに充てるローン商品で、その目的以外に使用することはできません。
また、ローン契約をしたら一度にまとまった融資を受けて、そのお金で建築会社等に支払いをし、後はローン返済をしていきます。
対するフリーローンとは特定の目的を持たずに利用する融資で、消費者金融が提供するキャッシングがそれ当たり、他にも銀行が提供するカードローンと呼ばれる商品もフリーローンに当たります。
目的別ローンのように使途限定がないので、生活上で足りない資金を補填する目的で利用できます。
消費者金融のキャッシングにおけるメリットはいくつかありますが、中でも使途限定がないというのは大きな利点でしょう。
また、利用限度額が設定されており、その限度額の範囲内で借り入れをすることができるため、借入れと返済を繰り返していけば何度でも利用していくことができます。
ただし、消費者金融のキャッシングは使途限定がないということで住宅の購入資金などに充てることも可能ですが、そもそも小口融資で金利が高めなので特定の目的があって借入れをするのなら目的別ローンを利用する方がお得です。
よって、借入の目的別に使い分けましょう。

 

関連:借入

 

さっそく、金融での借入を検討している人は上記サイトからオススメサービスを選ぶことが出来ます。

レディースプランの有無で選ぶ

消費者金融機関は数多く存在しており、選び方に困る場合もあるかと思います。
女性の場合で、消費者金融機関を利用しようと考えている方にとっては、レディースプランというものを取り扱っている金融機関選んだ方がお得な場合があります。
女性の中には男性よりもより多くのお金を稼げるような人もおられますが、その一方でパートや派遣スタッフ、アルバイト、または専業主婦をしていることによって、個人の収入額が低くなっている方も多くいらっしゃるのです。
そのような人が、一般的な収入を得ることができる正社員に用いられるような審査基準を利用して、審査を行った場合、審査落ちになってしまう可能性が高くなってしまうのです。
レディースプランの場合は、そのような女性に合わせて、審査基準が再設定されているようなプランですので、比較的審査が通りやすくなっているのです。
だだしその反面、レディースプランにはデメリットもあります。
審査基準が比較的甘い分、融資できる限度額が通常と比較して低く設定されているのです。
だだ、レディースプランを使用する人は、年収自体が一般と比べて低いために、そもそも年収の3分の1以上は借りることができないという、総量規制という法律で設定された上限値に、まずは引っ掛かってしまう可能性が高いと考えられます。
この事から、使用するにあたっては特に限度額に対して他のプランと比較して不便さを感じることはありません。
このように女性にとっては美味しいところだらけのレディースプランを扱っている金融機関を、優先的に選ぶというのもひとつの手なのです。